Finale 2012

Finale 2012 icon Finale 2012 2014

独創的なものを作るプロセスは、時として邪悪な支配者のようです。最も都合のよくないときにいいアイディアが浮かび、今アイディアが必要だというときにはなかなか浮かばない。音楽を作ることとなると特に、アイディアが突然浮かんだときにそれを紙に書き下ろすのは難しいことがあります。まず、紙に五線を引くか、あるいは五線譜を慌てて探しまわらなければいけません。それから事細やかにひとつずつ、音符や拍子記号、調などを書き込んでいきます。ありがたいことに、音楽をより素早く簡単に書き下ろす手助けをするソフトウェアがあります。Finale 2012は、ミュージシャンが傑作を創作するのを長い間支えてきた、PC用の[ ミュージック表記ソフトウェア] です。

Finale 2012は作曲用のソフトウェアとしては、既に業界の標準となっています。始めから終わりまで、プロセス全体がとても簡単にすっきりと作られています。Finale 2012を使って何をするにも関わらず、そのプロセスの間中あなたをサポートします。このソフトに音符を入力するのも複数の方法があるので、自分にとって一番効率のいい方法を選ぶことができます。MIDIは人気の選択肢ですが、マウスを使ったりあるいはMicnotator機能を使って作曲することもできます。

Finale 2012は歌詞や弦を書き加えることも容易にします。自分の作品に満足したなら、備え付けのインストルメント・ライブラリを使って聞き直してみましょう。コンピュータを使って自分の曲をシェアしたいのであれば、Finale 2012を介して簡単にシェアし他の人が見られるようにします。その人が編集をすることだって可能なんです。音楽の先生が使えるような教育的な練習帳も備えています。Finale 2012の無料トライアルをダウンロードして、音楽界の革命を体験しましょう!

長所:
使いやすい
楽譜の入力法が複数通り
歌詞や弦を簡単に追加
大規模なインストルメント・ライブラリ
完成した楽譜をコンピュータを介してシェア
音楽の先生用の教育的な練習帳

短所:
多くの容量を占めることがあります

Finale 2012の制限:
30日の試用期間

コメント

Go up