Eazel

日本語

After Effects CCを使って、自分のフィルムに最高の特殊効果を加えましょう

After Effects CCは、ユーザーが動画のファイルに特集効果はもちろん2Dや2.5Dアニメーションまでも加えることができるようにした、 最も人気のあるビジュアルエフェクトおよびモーショングラフィックソフトウェアの最新版です。

ユーザーがまず最初に気づくのは、新しい Live 3D Pipeline機能ではないでしょうか。この機能を使うと、ユーザーは Cinema 4Dで作成されたシーンを中間のレンダリングなしで使うことができるようになります。最初にレンダリングを行なわなくてもシーンやオブジェクトでさえも一連の映像として使うことができ、その後にカメラの角度などを試みることができるのです。ご想像できる通り、Cinema 4Dは Creative Cloud内に融合され Live 3D Pipelineとともに使用できるよう、ソフトウェアをより軽量化することに成功しました。

After Effects CCはさらに、自動的に分析してそのエリアを縁取る新しい Refine Edgeも備えます。葉っぱや髪の毛、草などはもちろん、何かの動きによる背景のぼやけなど、合成を作成するのにぴったりなツールです。それぞれ個々のシーンを撮るトロスコープに代わる素晴らしいツールです。ピクセルモーションブラーもまた新しい機能で、どのようなシーンにも動きに合ったぶれを加えるフィルターのような役割をします。これは、各フレーム間ピクセルごとの位置差を分析して機能するようになっています。

ワープスタビライザー VFXは新しい機能ではありませんが、従来のものが大幅に改善されました。これは通常のシーンでありながら、シーンの中である一定のポイントは停止したまま残りを移動させるということができます。3Dカメラトラッカーもその機能が向上され、従来よりはるかに素早く分析し、ユーザーがトラッキングポイントを削除したり時間とともに調節できたりします。言うまでもなく、 Creative Cloudの融合は大変便利な機能で、プロジェクトに携わるチームのメンバーが別のデバイスやパソコンからプロジェクトを編集することができます。編集された変更点は全て記録され探知することができます。

Adobe After Effects CCの無料トライアルをダウンロードして、あなたのプロジェクトのための素晴らしいエフェクトを作りあげましょう。


長所:
Cinema 4Dの融合を使ったLive 3D Pipeline
Refine Edge ツール
ピクセルモーションブラー
ワープスタビライザー VFX
3Dカメラトラッカー
Creative Cloud 融合

短所:
習得に難あり

After Effects Ccの制限:
30日の試用期間
After Effects CC アイコン

タイプ Shareware

バージョン 12.0.0.404

サイズ 2 MB

その他のバージョン

12.0.0.404

評価