デーモンツール

デーモンツール icon デーモンツール 6.1.0.484

CDやDVD,BDに入ったゲームやソフトは、専用のソフトを使うことでイメージファイルというファイルに変換できます。このイメージファイルはUSBメモリに入れて持ち運んだりすることもできます。

デーモンツールのようなソフトを使えば、まるでCDやDVDを使っているかのように、そのイメージファイルの中のソフトを使うことができます。

実際にCDドライブやDVDドライブを使っているわけではないのに、まるでCDやDVDを使っているように見えるので、これを仮想ドライブと言います
このように、「まるでCDやDVDを使っているかのようにするソフト」のことを、エミュレーションソフトとかエミュレーターとか言うわけです。
なお、パソコン上でプレイステーションやゲームボーイを動かすソフトウェアも同じくエミュレーターと言います。

具体的にデーモンツールで何ができるのかと言えば、CD・DVD・BDの中身をイメージファイルとしてパソコン内に取り込んで、それをデーモンツールを用いてマウントすれば、以後CDやDVD無しでゲームなどを楽しむことができます。

対応形式は、mdx, mds/mdf, iso, b5t, b6t, bwt, ccd, cdi, bin/cue, ape/cue, flac/cue, nrg, iszと数多く、ほとんど全てのイメージCDを扱えるようになっています。(fcd形式は『クローンCD』が必要)
デーモンツールはフリーソフトであるにもかかわらず、プロテクトのかかったCD・DVDイメージも読み込めるなど、有料ソフトであるCD革命とほぼ同じことができるため、非常に人気を集めています。

デーモンツール(Daemon Tools)の使い方として、
ダウンロードおよびインストールが完了したら、さっそくデーモンツールを使うことができます。 仮想ドライブにイメージファイル(isoファイルやccdファイルなど)を読み込むことをマウントといいます。デーモンツールを使ったマウントの方法には大きく3種類あります。

1.イメージファイルをダブルクリックする
デーモンツールをインストールする際に、デフォルトでは拡張子に関連付けがされています。この場合、イメージファイルをダブルクリックするだけでマウントが完了します。

2.Windowsウィジェットから開く
インストール時に、デフォルトではWindowsウィジェットもインストールされます。Windowsのデスクトップに次のようなガジェットが表示されているかと思います。このウィジェットからイメージファイルのマウントが可能です。

再生ボタン(三角形のボタン)をクリックすると、イメージファイルの選択画面に移ります。ここで適当なイメージファイルを選択して「開く」ことで、マウントが完了します。

3.デーモンツールを起動して開く
Windows左下のスタートアップ(Windowsのロゴのマークのボタン)を開くと、「すべてのプログラム」の中に「Daemon Tools Lite」が追加されているはずです。ここからデーモンツールを起動することができます。

  • ・シンプルで使いやすい。
  • ・ハードディスクからのアクセスになるので、CDよりアクセスが早くなります。
  • ・それなりにディスク容量を食うこと。
  • ・システムと相性問題を起こすことがある。
  • ・それなりにディスク容量を食うこと。
  • ・システムと相性問題を起こすことがある。

コメント

Go up