Eazel

日本語

Windows Movie Makerを使えば、簡単に動画編集が可能に

良い点

  • 簡単に映像編集作業を行うことができる
  • 映像編集に関する様々なオプションが利用可能

惜しい点

  • たまに作業中PCが重くなってしまう

有名なYoutuberのように、自撮りでビデオを撮影して、Youtubeに動画をアップしてみたいと思ったことはありますか?動画の撮影は今ではスマートフォンを使ったりすることもできますし、高機能のビデオカメラが安くで手に入るので、簡単にできます。問題は、編集作業です。編集作業を行うには、まず編集ソフトが必要であり、しかも、つなぎあわせてエフェクトをかけるといった作業でもどういうふうにやるのかを学ぶ必要があります。但し、そんな一見難しそうに見える映像編集作業も、 Windows Media Playerを使えば、簡単に行うことができるようになります。
Windows Media Playerとは、一般的にWMPという略称で沢山のユーザーに親しまれている映像編集ソフトウェアです。その理由は、専門知識なしにパワフルな映像編集作業を行うことができるからです。このパワフルな映像編集ソフトウェアがあれば、ビデオクリップの順番を入れ替えたり、照度を変更したり、サウンドトラックを編集するなどといった作業を簡単に行うことができるようになります。このMicrosoft社の Windows Media Playerがあれば、誰でも簡単に映像編集を行うことが可能なのです。
扱い方によっては、プロレベルの映像作品を作り出すことも可能な Windows Media Playerをダウンロードしてみて、自分の映像作品を作り出してみてはいかがでしょうか。

Windows Movie Maker アイコン

タイプ Freeware

バージョン 2014 16.4.3528.0331

サイズ 1.18 MB

その他のバージョン

2014 16.4.3528.0331 2011 15.4.3538.513 2011 15.4.3555.308 2011 15.4.3538.513 2.6 (Vista)

評価