Eazel

日本語

3DMarkを使って、PCの3D性能のベンチマークを行おう

良い点

  • 自分でハードウェアの条件をチェックできる
  • 簡単に使用可能

惜しい点

  • 英語版のみ

テクノロジーが発展する中で、グラフィックスの性能が向上すればするほど、それに対応するためのPCの機能という問題点が発生します。多くのユーザーが、そのジレンマに悩み、PCを振り回したい衝動に駆られてしまうような状況に遭遇したことがあるのではないでしょうか。特にゲームをプレイする上では、最高のインターネット速度やCPU能力となります。その性能をいちいち確認するのではなく、何かツールに頼ろうとしたら、3DMarkがもっとも最適なソフトウェアです。3DMarkを使えば、ゲームをプレイする上で必要となる3D性能をベンチマークすることが可能になり、必要な条件を把握することが可能になります。

3DMarkを使うことで、どのようなグラフィックス処理能力が必要なのか、どのようなグラフィックスカードが必要なのかといったことを把握することで、例えば、4Kのレンダリングを行うために必要な条件を調べることが可能になります。簡単にいえば、3DMarkを使えば、DirectX11 APIや4K UHDを使用して開発されたゲームに最適な環境を整えるために必要な条件を把握することが可能になります。これを聞いて、ピンときたユーザーは、3DMarkをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

3DMark アイコン

タイプ Shareware

バージョン 2.1.2852

サイズ 2 GB

その他のバージョン

2.1.2852 2.0.2530 2.0.2067 3DMark 11

評価