Eazel

日本語

PC向けのPremiere Pro CCを使って、合理的で素早い動画編集を体験しましょう。

Premiere Pro CCは動画編集のプロセスをより簡素化するための、新しく、改善された機能を多く含む最も人気で最先端の動画編集ソフトウェアの最新版です。

このソフトウェアのアップデート版で最初に気づくのは新しいインターフェースでしょう。一見、以前よりも複雑になったように見えるかもしれませんが、これは実際にはインターフェースをより視覚的に引き付けるようにしているためです。例えば、より多くのアイコンが表示されますが、小さく、使いやすいように色が付けられています。作業をより簡単にするために、多くの新しいキーボードショートカットも加えられています。異なるアイコンが配置されているクリップも簡単に見つけることができ、リンクさせるのも簡単です。

Premiere Pro CCはさらに、完璧な照明や音声レベルを探し出すのをはるかに簡単にしてくれる新しい機能やツールも備えます。 Lumetri Deep Color Engine によって、ユーザーはあらかじめ設定されたたくさんの異なるカラーグレーディングを適用できます。Looks Browserを使うと、ユーザーはいかなる変更も実際に適用する前に出来上がりを見ることができるので大変便利です。使いたい LUTが見つからないときには他のシステムから簡単に読み込むことができます。オーディオクリップミキサーは、クリップを個別の調節し、オーディオの完璧なミックスを実現させることができます。ミキシングの際、より制度の高い出来上がりに仕上げるためのオーディオコントロールサーフィスも備えています。

一連のシーンを編集し終わったら、 Mercury Playback Engineを使ってリアルタイムのプレビューをチェックすることができ、より少ないレンダリングとより素早い作業スピードをお届けします。マルチカメラで撮られた映像の編集が簡単になったのも動画の編集がより簡単になった理由です。ユーザーは、動画の一連のシーンを一度に別の角度から撮って編集することができ、あるいはそのシーンを丸ごと撮って編集のために同期させることができます。もちろん、Creative Cloudと Adobe Anywhereと連携できる機能が非常に便利であることは言うまでもありません。プロジェクトに携わるチームのメンバーが別のデバイスやパソコンからプロジェクトを編集することができます。編集された変更点は全て記録され探知することができます。

Premiere Pro CCの無料トライアルをダウンロードして、動画の編集における新しい客観性を高めましょう。


長所:
より魅力的なインターフェース
数多くのキーボードショートカット
カラーグレーディング適用のためのLumetri Deep Color Engine
クリップを個別に調節できるオーディオクリップミキサー
リアルタイムでプレビューを表示するMercury Playback Engine
マルチカメラ編集機能により複数のクリップを一度に編集
Creative Cloudと Adobe Anywhereと連携できる機能

短所:
習得に難あり

Premiere Pro Ccの制限:
30日の試用期間
Premiere Pro CC アイコン

タイプ Shareware

バージョン 7.0.0 Build 342

サイズ 2 MB

その他のバージョン

7.0.0 Build 342 7.2.2

評価