Eazel

日本語

PC向けのAdobe Muse CCを使って、魅力に溢れたウェブサイトを作成しましょう

Adobe Muse CCは新しい機能や改善点を数多く備える大人気のデザインソフトウェアの新バージョンです。

このバージョンに加えられた注目すべき新機能の中にはブラウザ上においての編集機能があります。これは、ユーザーやサイトの製作者はもちろん、クライアントもサイトのコンテンツを簡単に管理できるようにした大変便利な機能です。 Muse ファイルにアクセスしなくてもできるので、従来のバージョンが行なっていた機能をさらに簡単にした代理機能となります。ユーザーやサイトの製作者は、 Site Properties内でCMS機能を実行可能にするだけ。それが実行されればクライアントもユーザーもどんな種類のコンテンツであっても更新することがでます。

Adobe Muse CCは、ユーザーがまるで他の Adobeプログラムを使っているようなデザインを可能にした、新しいレイヤーパネルを追加しました。 ユーザーは自分のサイトのデザインに用いられている特定のレイヤーやエレメンツを選択して、Photoshop CCやその他の有名なAdobeプログラムに見られるような同様のツールを使って操作をすることができます。パララックススクロールは、ウェブサイトにもうひと味加える視覚的な機能です。どういう働きをするのかというと、誰かが画面をスクロールしたときに画像やエレメンツを様々な速度であらゆる方向に移動させることができるようサイトのデザイナーが管理をするのです。

Adobeの開発者は、ホストの違うプラットフォームやプロバイダ上で様々なフォームを動作させる方法を考え出しました。たとえば、現在、Museの問い合わせフォームはどんなホスティングプラットフォームでも作動します。なので、どのサイトにアップロードや発行したに関わらず、誰かが編集をした場合にはあなたにメールで通知があります。言うまでもなく、 Creative Cloudの融合は大変便利な機能で、プロジェクトに携わるチームのメンバーが別のデバイスやパソコンからプロジェクトを編集することができます。編集された変更点は全て記録され探知することができます。

Adobe Muse CCの無料トライアルをダウンロードして、素晴らしく革新的なウェブサイトの作成を実現させましょう。


長所:
ブラウザ上での編集
レイヤーパネル
パララックススクロール
ほとんどのホスティングプラットフォームに対応
Creative Cloudの融合

短所:
習得に難あり

Adobe Muse CCの制限:
30日の試用期間
Adobe Muse CC アイコン

タイプ Shareware

バージョン 5.0 Build 704

サイズ 2 MB

その他のバージョン

5.0 Build 704

評価