Eazel

日本語

PC向けのMedia Encoder CCを使って動画ファイルをあらゆるフォーマットに変換しましょう

Media Encoder CCは手持ちの動画ファイルをあらゆるフォーマットに変換できるようにする Adobeからの動画エンコードソフトウェアの最新版です。

Media Encoder CCは実際にはPremiere Pro CCの一部なのですが、いつも別々のプログラムとしてパックされているとてもシンプルなプログラムです。Premiere Pro CCととてもよく作動し、After Effects CCがバックで作動していたりレンダリングを行なっている最中でもよく作動します。おかげでどんな映像資料のレンダリングも簡単になり、それからすぐに観客に応じたぴったりのフォーマットへと変換できるのです。

Media Encoder CCの今バージョンにはブローダー出力サポートの機能もあります。動画が変換され得るよくあるフォーマットの全てに加え、Kindle、Nook、最新のAndroidデバイスやその他のApple製品に使われるフォーマットへ変換するサポートも備えます。これらの機能のおかげで、あらゆるフォーマットに最適化された動画を作成することができるのです。

Match Source設定オプションという新機能もあります。これは時間を節約し、よりよいエキスポートを実現させながら主要なプロパティを自動的にシンクさせることができます。さらにH.264およびMPEG-2ファイルをはるかに高速に作成できます。その一方で、毎秒辺りのフレームなどの属性の完全性を損なうことなく解像度や帯域幅を調節することもできるようになります。

他のAdobeプログラムと同様、Media Encoder CCもまたCreative Cloudの融合という素晴らしい機能を備えます。チームのメンバーは同じファイルをどんなデバイスやタブレットからも編集できるのです。ファイルやプロジェクトが編集されるたびに、その変更は記録探知され保存されます。


長所:
バックでレンダリング可能
新しいエキスポートフォーマット
Match Source設定オプション
Creative Cloudの融合

短所:
習得に難あり

Media Encoder CCの制限:
30日の試用期間
Media Encoder CC アイコン

タイプ Shareware

バージョン 7.0.0.374

サイズ 2 MB

その他のバージョン

7.0.0.374

評価