Eazel

日本語

Mac用Audacityを使って、プロフェッショナルなオーディオ編集を実現

良い点

  • 高品質なオーディオ編集ソフトウェア
  • マルチトラックシステム搭載
  • Mac OS X 10.4-10.10と互換性あり

惜しい点

  • 簡単に扱うことができるとはいえ、全く使ったことのないユーザーは使い方を学習する必要があるかも

Audacityは、Macで無償使用可能なマルチトラックオーディオ編集並びに録音ソフトウェアです。Audacityを使えば、驚くほど簡単に高品質の音声録音や、オーディオレコーディング作業を行うことが可能となります。

オーディオ編集を簡単に


Youtubeやポッドキャストなどといったサービスが普及するにつれ、様々なオーディオ編集ソフトウェアが世に出てきました。しかし、その多くのソフトウェアは、ある一定レベルのオーディオ編集知識を要するものであった為、幅広いユーザーに支持されるものを見つけることはなかなか困難なものでした。使われている単語は専門用語が多く並び、複雑なインターフェイスが採用されている等の問題があり、誰でも簡単に取り扱うことのできるものではなかったのです。その解決策として、誰でも簡単にオーディオ編集を行うことができるAudacityが生まれました。


概要と機能


Audacityのインターフェイスは、これまでのオーディオ編集ソフトウェアと比較して、とても直感的でシンプルなものを採用している為、迷わず作業を行うことができます。Audacityを使うと、PCに接続したマイクや、USBデバイスなどから音源を録音し、高品質な16bitあるいは32bit環境で編集作業を行うことができます。その他、WAV、AIFF、AU、FLAC、Ogg Vorbisなどといった幅広いオーディオフォーマットに対応しています。また、MPEGやRawファイルにも対応可能です。これらのトラックを編集して、WAVやAIFFなどで書き出しすれば完成です。


一つ目のオーディオ編集ならまだしも、いくつものオーディオ編集作業を行えば、自然と扱う音源ファイルの数も増えてくるのは自明の理です。そんなときにも、簡単にファイルを管理する機能がついている為、複数のクリップを簡単に管理しつつ、編集トラックへと入れることができます。また、豊富なエフェクトの種類も魅力の一つであり、ピッチをつめたり、テンポを早めたりするといったエフェクトを適時使用することでひとつ上のレベルのオーディオ編集を行うことができます。

 

オーディオ編集作業を行いたいユーザーは、無料でダウンロードして使用可能なAudacityを使って、簡単にオーディオ編集に触れてみてはいかがでしょうか。

Audacity アイコン

タイプ Free (GPL)

バージョン 2.2.2

サイズ 32.65 MB

その他のバージョン

2.2.2 2.2.1 2.2.0 2.1.3 2.0.6

評価