Eazel

日本語

HandBrake: Macで動画フォーマットの変換を行うならばこれにお任せ

良い点

  • 幅広い動画フォーマットの読み込み&変換に対応
  • DVDやCDからリッピングして変換することが可能
  • とても扱いやすい

惜しい点

  • オリジナルファイルの種類とサイズによっては、何度かパラメーターを変えて目的通りの変換にする作業が必要となる場合がある

HandBrakeとは、Macの動画フォーマット変換ソフトの中でも、シンプルで扱いやすいソフトウェアです。無料で利用できる為、Macユーザーで動画フォーマットの変換をする際には、 HandBrakeを使うユーザーはとても多いぐらい人気のソフトウェアです。


なぜ多くのユーザーに愛されている動画フォーマット変換ソフトウェアであるのかというと、それはあ使い勝手の良さにあります。DVDやCDから動画を取り込んで、そのまま希望の動画フォーマットへ変換することを自動で行ってくれることができますし、それにお使いのMacの中にある動画ファイルを指定の動画フォーマットへ変換しようとする場合も、簡単にクオリティを落とさずに変換することもできます。DVDやCDから動画を変換する際も、元々のファイルにあったチャプターなどを引き継いだ形で変換してくれるので、手をわずらわすことなくそのまま変換することができるすぐれものです。もし動画のサイズを小さくしたい場合でも、設定を少し変えるだけで、簡単に動画サイズを小さくしたり、画質のクオリティを下げることができます。

 

動画フォーマットのサイズを変える際の HandBrakeで行うことができる設定について簡単に説明をしておきましょう。例えば、MP4ファイルを変換する場合、詳細な設定であるパラメーターは同じままでも、 HandBrake 独自の2つの異なる変換方法で変換作業を行うことができます。デフォルトの設定の変換方法と、プレビュー付きの変換方法と2種類存在しますが、まずはデフォルトの設定のままで変換して、変換後のクオリティに問題があるようでしたら、もう一つの方法を使うといった形で使えばよいかと思います。


プロ仕様の高価なソフトウェアを使わずとも、簡単な動画ファイルの変換であれば、プロも使う HandBrakeをぜひダウンロード&インストールしてみて、お好みの動画ファイルへとお手持ちの動画を変換してみてはいかがでしょう?

HandBrake アイコン

タイプ Freeware

バージョン 1.1.1

サイズ 16.13 MB

その他のバージョン

1.1.1 1.0.7 0.10.5

評価