Eazel

日本語

ScreenFlowを使ってスクリーンキャストを行おう

良い点

  • マシン上の動きをすべてキャプチャすることができる
  • iSightやDVカメラを使ってスクリーン動画をキャプチャ可能
  • 編集機能付き
  • Retinaディスプレイ対応
  • 直接動画共有サイトへアップロードが可能

惜しい点

  • マイナスポイントではないが、複雑な編集には対応はしていない

ScreenFlowを語る上で外せない用語は、「スクリーンキャスト」です。現在では、パソコン上の動きをキャプチャした動画を、YouTuberのアップロードした動画で見たことのあるユーザーは多いかと思います。何かを説明するチュートリアル動画は、文字で読むよりも、情報量が多いため、動画で見ることでより一層理解が深まりますし、迷いがなくなります。

そんな動画を作成する上で必要となるソフトウェアがScreenFlowです。ScreenFlowを使えば、パソコン上の動きをキャプチャした後に編集し、インターネット上で共有するまでを全て一元化して行うことが可能です。例えば、Macであれば、iSightなどのカメラを使って録画することも可能ですし、DVカメラを使って動画をキャプチャすることも可能です。PCだけではなく、iPhoneやiPadを使った録画も可能です。

動画編集ソフトほどの高機能ではありませんが、ScreenFlowを使うと、編集作業も行うことができます。高機能ではないとはいえども、スクリーンキャストを行う上で十分な機能がついており、簡単なエフェクトをつけたり、不要なカットを削除したり、順番を入れ替えたりするなどといった作業を十分に行うことが可能です。

出来上がった動画は、 ScreenFlow経由でそのままFacebookやYoutube、Vimeoなどといった動画共有サイトへ直接アップロードすることができます。
スクリーンキャストを使った動画を作成してみたいMacユーザーは、 ScreenFlowをダウンロードして導入してみてはいかがでしょうか?

ScreenFlow アイコン

タイプ Shareware

バージョン 6.1

サイズ 60.89 MB

その他のバージョン

6.1 6.0 5.0.5

評価