Eazel

日本語

WireSharkを使えば、お使いのMacが接続しているネットワークの解析が可能に

良い点

  • パワフルなソフトウェア
  • 500を超えるプロトコルを使用した深いレベルの解析が可能
  • データパッケージの解析が可能
  • 無料で使用可能

惜しい点

  • 大抵の場合においてルートアクセスが必要になるので、使用する上である程度の知識が必要になる

近年パソコンは常時インターネットに接続された状態で使用しているユーザーが多いのではないでしょうか?インターネットに常時接続されていると、いつでもインターネットを使用することができる為、非常に便利になる点が多くなりますが、その反面、常にインターネットの脅威から身を守るためにセキュリティ性を確保しなければならない等といった別の問題も発生してしまうのが世の常です。そもそも、お使いのネットワークがどんなものに接続されているのかということを注意したことはありますか?もちろん接続されているものを気にしたことのあるユーザーはそんなに多くはないと思います。そんな時は、WireSharkを使って、お使いのMacが接続しているネットワークを解析してみましょう。
WireSharkを使えば、深いレベルで、お使いのMacが接続しているネットワークの情報を把握することができるようになり、500を超えるプロトコルの使用したり、ネットワーク内の動作ごとにチェックポイントを設定したりすることが可能になります。また、データパッケージの中で、SSL/TLS、Kerberos、WEP、WPA/WPA2などといった接続がどのように変移しているのかも解析することができるようになるのも、魅力的な点のうちの一つであると言えるでしょう。
お使いのMacにセキュリティ設定を行う以上に、そもそものネットワークがどんなものなのかを把握することで、その先の対策が分かるようになるので、単純にセキュリティと一言で言っても、具体的にどうすればいいのかといったことを疑問に思ったことのあるユーザーは、WireSharkをダウンロードしてお使いのMacをしっかりと保護してみてはいかがでしょうか?

WireShark アイコン

タイプ Freeware

バージョン 2.2.1

サイズ 31.18 MB

その他のバージョン

2.2.1 2.0.5 (32-bit) 2.0.5 (64-bit) 2.0.4 2.0.1

評価