Eazel

日本語

MakeMKVを使えばDVDやBlu-rayのコンテンツを抽出することが可能に

良い点

  • DVDやBlu-rayディスクからデータを抽出することが可能
  • コピーガード機能が存在していても抽出可能
  • ディスクのバックアップの作成が可能

惜しい点

  • MKVファイルでしか抽出できない

MakeMKVを使えば、DVDやBlu-rayのコンテンツを、オプティカルディスクから抽出し、MKVファイルのデータとして保存が可能になります。ディスク媒体は、半永久保存が可能な媒体と言われており、傷ついてしまえば再生することが不可能となってしまいます。大切なコンテンツをデータとしてバックアップしておくためには、MakeMKVを使ってデータを抽出しておきましょう。

なぜMKV形式(Matroska)での保存を採用しているのかを簡単に説明しましょう。MKVフォーマットとは、動画フォーマットではなくコンテイナー(入れ物)であり、ハイクオリティな動画や音楽ファイル、それに字幕データをひとまとめにしておくことができます。但し、MKVファイルは現在存在するマルチメディアプレイヤーでは、再生できないファイル形式ですので、そのまま再生する為には、ファイルの変換が必要になります。

コピーガードが入っているコンテンツでも、MakeMKVを使えば、問題なくディスクからコンテンツを抽出することが可能です。また、MKVファイルで抽出する際に、ファイルサイズを調整できるので、データ容量が大きい場合でも、自分にとって便利なサイズで抽出しておくことが可能です。

MakeMKVの魅力的な点は、コンテンツのみを抽出する機能がついている為、必要のないサウンドトラックや字幕、それにチャプターデータなどといったデータを削除して、データを抽出することが可能であり、不要なデータをディスクから削除して保存しておくことが可能です。

ディスクデータの破損などの心配があるユーザーは、MakeMKVをダウンロードしてバックアップを作成しておいてはいかがでしょうか?

MakeMKV アイコン

タイプ Shareware

バージョン 1.10.1

サイズ 17.03 MB

その他のバージョン

1.10.1 1.9.10 1.9.9 Beta

評価