Eazel

日本語

PDF OCR X Community Edition

PDF OCR X Community Editionを使うと、PDF資料の編集が可能に

良い点

  • PDFや画像データに含まれる文字データを編集可能なテキストデータとして抽出可能
  • 簡単に取り扱う事が可能
  • 60以上の言語に対応しており、日本語にも対応

惜しい点

  • もちろん全てのテキストデータを正確に再現することはできないので、マニュアルによる確認並びに編集作業は必要になる

この世の中は、デジタルとアナログの2種類に分類されています。しかし、その境界線はテクノロジーが発展する中で、どんどん曖昧になりつつあります。その一つの領域が、デジタルとアナログの文章資料です。

PDF OCR X Community Editionを使用すると、1枚絵として保存されているPDF資料や画像に含まれる文字を、編集可能な資料へと変換することが可能になります。

簡単に言うと、PDF OCR X Community Editionを使用すると、画像やスキャンした文字資料、あるいはインターネット上で発見可能な古い資料などを、テキストデータとして抽出することができます。また、言語設定も可能な為、様々な言語(60以上の言語)の文字データに対応することが可能です。もちろん日本語にも対応している為、あらゆる場面において活躍すること間違いなしのソフトウェアです。

仕事や学業の中で引用や、文字編集を行う際に、できなかった領域を可能なものにすることができるソフトウェアですので、この説明を読んでピンときたユーザーは、PDF OCR X Community Editionをダウンロードして活用してみてはいかがでしょうか?

PDF OCR X Community Edition アイコン

タイプ Freeware

バージョン 2.0.22

サイズ 56.92 MB

その他のバージョン

2.0.22 2.0.20

評価